【Q&A】カラーリングは切る前と切った後、どっちがいい・・・?

カラーについて質問です。黒染めをする際、切ってから黒染めをした方が色むらが少ないイメージがありますが、切ってから黒染めするのと比べるとどちらが良いのでしょうか?
24dfb452c4610a8b75cda2b0da135486 s
シンバカズヤ
髪の長さやコンディション、サロンで行うかご自身で行うかにもよりますが一般的には長さがある方が色むらが出やすい傾向にはあると思います。髪の毛が長ければ長いほど物理的な塗布時間がかかるのと根本側と毛先側でコンディションの差がある確率が高く、ムラになりやすいと言えます。なので、髪を切ってからカラーリングする方がそういったリスクは低くなると思います。

色むらになる原因はなんなのか?

そもそもヘアカラーリングの際に色ムラを引き起こす原因はなんなのでしょうか?

黒染めのような明るさが極端に暗めのカラーリングの場合にはムラ自体が起きにくいのですが・・・

それでも起こるとしたら、サロンやセルフで行われる際にも共通して考えれられる原因をあげてみます。

①髪の毛の長さが長い(目安としては胸より下の長さ)

→これは上記でもあげましたが、単純に長さが長いためにカラーの薬剤の塗布に時間がかかる=最初に塗ったところと最後に塗ったところで反応時間に差が出てくる。

もしくは、場所によって薬剤の量が著しく違う場合にはムラになりやすくなるでしょう。

②場所によって髪の毛のコンディションが大きく違う場合

→まず、根本側と毛先側でダメージ=髪の毛の傷み度合いが大きく違う場合。多かれ少なかれ根本側の方よりも毛先の方が傷んでいるのが普通なのですが、その差が大きい場合には同じ薬を使っても染まり上がりが違ってくる場合が多いです。傷んでいる毛先が明るく仕上がったり、逆に濃く色が入りすぎて暗く仕上がったりします。

次に、ダメージにも関係する場合が多いのですが髪の毛の明るさが大きく違う場合にも、当然ながら仕上がりの色に影響を与えます。
こちらはイメージしやすいかもしれませんが、キャンバスの色が違うのに同じ色で塗っても同じ色にならないのと同じ原理ですね。

大きくは以上の2つが原因になりうると思います。

 

カットしてからであれば・・・

ここまで読んでいただければもうお分かりかもしれませんが、カットすれば当然する前よりは髪の毛の長さが短くなります。

すると必然的に①の確率やリスクは低くなります。

また②の要因に関しても1番傷んだり、明るくなりやすいのは毛先の部分なので、こちらも毛先がカットでなくなればその分、色むらになるリスクは少なくなると思います。

 

まとめ

以上、色むらになるパターンに関してカットの有無を絡めて考えて見ました。

ただし、ここまで書いておいてなんですがサロンで美容師さんが背術する場合はあまり関係ないかもしれません。

また、そのような仕上がりになりそうな時は事前に説明や施術の順番んの確認があったりすると思います。

また、コンディションが大きく違う場合には薬剤を塗り分けたりもします。

ので必ずしもカットが先の方がいいとは言えないかも・・・!?

以上、参考になれば幸いです!

気になることは遠慮なく美容師さんに相談しましょう!
「個別オンライン相談はじめました」

 

ヘアスタイルや髪の毛の悩みや疑問というのはかなり個人的な要素を知らなければ的確な回答はできません。

とは言え、無料でできる返信にはかけられる時間や手間の限界がありました。

そこでなかなかない試みですが、有料で個別に髪の毛に関するオンラインでのカウンセリングをしています。

興味ある方はぜひお気軽に!

ほかの質問をキーワードで検索する↓↓

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

髪の毛のご相談や質問はこちらから!

%e8%b3%aa%e5%95%8f%e7%94%a8%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

ブログを見ていただく中で髪型や髪の毛、ヘアケアに関してのご相談やご質問を

24時間365日受け付けています

もちろんご予約も受け付けています。

どんな事でもお気軽にどうぞ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

榛葉和也(シンバカズヤ)

原宿・表参道の美容室でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴12年。ショートヘアが得意です。。前髪のデザインに特に自信あり。時間をかけた丁寧なカウンセリングが信条で、その方の悩みに合わせて最適な提案を致します。感覚ではなく論理的に髪型をデザインします。