スポンサーリンク

 

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴12年。薬剤やヘアケアに関する知識が豊富。ショート〜ボブのパーマや前髪のカットが得意です。丁寧なカウンセリングが信条。美意識の高い大人の女性からの評価をいただいています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

 

こんにちは。シンバです。

今日は備忘録がてら、妊娠中の女性がサロンにて飲まない方がいいものについて解説していこうと思います。

意外とお客様の中でいらっしゃったりするんですが、ドリンク出すときになって考えちゃうんですよね。

妊婦さん自身は把握している方の方が多いと思うのですが、美容師さんやその周囲の人に向けて参考になればと思います。

あとは自分自身が見返す用です。

それではいきます!

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴13年。ショート〜ボブスタイルが得意です。「たとえ髪の毛を切らなくても髪型と印象は変えられる」を信条に美容師をしています。似合う髪型をわかりやすく論理的に提案します。「美容室が苦手な方」や「そもそも髪型は何がいいのかわからない」といった方のために仕事をしています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

まずはなるべく避けた方がいいもの

まずはなるべく避けた方がいいものをあげてみます。

  • アルコール類
  • カフェインが多く含まれるもの
  • 糖分が多く含まれるもの
  • ハーブティー(種類による)
  • 海外のミネラルウォーター

ざっくりですがこんなところでしょうか。

他にもあるかもしれませんが、サロンで出される可能性が高いのはこのくらいでしょう。
(アルコールは出さないか・・・)

では次に簡単に内訳やその理由を見ていきます。

カフェインが多く含まれるもの

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837 m

これは全くダメなわけではないけれど、摂取を控えた方がいい、という感じですね。

代表的なのは・・・

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • 緑茶
  • コーラ
  • ほうじ茶
  • 抹茶
  • 栄養ドリンク類

こんなところでしょうか。

とかくお茶類は注意が必要ですね。

糖分が多く含まれるもの

90062dde291f81daa2d0fc53c2be7683 m

これは代表的なものはジュース類でしょうか。

飲んではいけないわけじゃないけど取りすぎはNGのようです。

特に清涼飲料水と言われるジャンルはかなりの量の糖分が入っている場合も多いので注意が必要。

果汁100%のジュースなども同様のようですね。

ハーブティー

D41171cb6b27a90b0f86185d8cf5dc9e m

ハーブティーは基本的にはノンカフェインのものが多いので良さそうですが、注意点があります。

ただし全部ダメなわけではなく、成分的に妊婦さんにとって良くないものが含まれているものは避けた方がいいようです。

代表的なのは・・・

  • セージ
  • カモミール
  • ジャスミン
  • アロエ
  • レモングラス
  • ラベンダー
  • セントジョーンズワート
  • ハイビスカス
  • ハトムギ

このあたりです。

単体で飲むことは少ないと思うのでこれらが入っていないか、事前にチェックしておくのがいいでしょう。

海外のミネラルウォーター

2796455a4fcb6ea16a6cc56e9ffce64b m

これは海外のミネラルウォーターの場合、殺菌処理などがされていなかったり硬水の場合が多く、あまり衛生的に推奨できないことが多いからのようです。

飲むのであれば国内のミネラルウォーターや、水道水の方がいいかもしれません。

逆に安心な飲みものは?

さて、上記では気をつけた方がいいものをあげていきましたが、次は比較的安心なドリンクを紹介しておきます。

ただし、どれも飲み過ぎなどは良くないようなので注意しましょう。

  • ローズヒップティー
  • ルイボスティー
  • タンポポ茶
  • ゆず茶
  • あずき茶
  • ジンジャーティー
  • 麦茶

このあたりでしょうか。

また、基本的にはどの飲み物も冷たいものよりも常温や温かいものの方が体を冷やさなくて安心です。

知っているだけで違うことも多いので、こういったことを把握しておくことも大切ですね。

参考にしてみてください!

お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

 
世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事