スポンサーリンク

 

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴12年。薬剤やヘアケアに関する知識が豊富。ショート〜ボブのパーマや前髪のカットが得意です。丁寧なカウンセリングが信条。美意識の高い大人の女性からの評価をいただいています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

 

こんにちは。シンバです。

僕ら美容師は毎日髪の毛を切っているのでどうしても鈍感になっていきやすいんですが、一般の女性は一体どんな時に髪の毛を切りたくなるんでしょうか?

男性的な目線で考えると「髪の毛なんて好きな時に切ればいいじゃん」てな感じになりそうなんですが、ちょっと男性も女性では髪の毛に対する意識や感覚ってやはり違う気がするんですよね。

意外と同性の女性の方からも「みんながどんな時に髪型を変えたくなるのか知りたい」ってお声も頂いたので、今回は超独断でその辺りに関して考えてみようと思います。

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴13年。ショート〜ボブスタイルが得意です。「たとえ髪の毛を切らなくても髪型と印象は変えられる」を信条に美容師をしています。似合う髪型をわかりやすく論理的に提案します。「美容室が苦手な方」や「そもそも髪型は何がいいのかわからない」といった方のために仕事をしています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

そもそもどのくらいの周期で髪型を変えるのか?

IMG 5731

まず世の中の女性はどのくらいの周期でヘアスタイルを変えるのか?

みなさん想像つきますか?

ちなみに平均的な美容室への来店頻度はだいたい2〜3ヶ月に一度くらいと言われています。

で、ぴったりのデータを見つけましたのでお借りしています。

こちらをごらんください。

Q.あなたが、直近で、思い切り髪型を変えた時期をお知らせください。(1つ選択)
ただし、髪の長さを揃えた程度や、根本のリタッチのみは含みません。 他人から見て明らかに変わったと分かる変化について、お知らせください。

Ex2605 h

■ヘアスタイルを2年以上変えていない女性は、4人に1人。 N=400
しかし年代別に見ると、20代は2割に留まり、30代は約3割が2年以上変えていない結果となり、年が上がるにつれて、髪型を変えることに抵抗が出てくる様子が窺える。
出典: ヘアスタイルと異性に関するアンケート調査|ネットリサーチ会社のマーシュ

じゃん。

最も多いのは2年以上・・・髪型を変えていない方々が。

そんなにいんのか。約4人に1人の割合ですからね。結構多い気がします。

年代によって差があるのは、やはりライフスタイルに大きな変化がある人が多いからでしょうか。

結婚とか出産とか、自分自身に時間をかけられなくなる人が多くなるので30代の方が髪型を変える人の率が低い、とも言える気がします。

あとはファッションにも言えることですが、似合うものがわかってきたり好みもある程度固定されてくることも関係しているかもしれません。

髪型を変える時に重視することは?

では次に髪型を変える時に重視することはなんなのか?

これはそのまま今回の答えにもつながってきそうな部分ですが、いったいなんなんでしょうか。

僕の経験上は何かしらの優先順位がある場合が多いのですが、それは人それぞれなわけで・・・何でしょう?

さてこれもデータお借りしています。

Q.では、髪型を変える時に意識したことがあることを全てお知らせください。(複数選択可)

Ex2605 j

■ヘアスタイルを変える時に、一番意識することは「自分に似合うか」で9割。 N=400
次いで、「スタイリングのしやすさ」が半数、「髪の毛がキレイに見えるか」が3割と続く。また、「好きな男性の好み」を気にする人は1割以下と、前問に続き恋愛はヘアスタイルとあまり関連がない結果となった。
出典: ヘアスタイルと異性に関するアンケート調査|ネットリサーチ会社のマーシュ

なるほど、といった感じですよね。

確かに似合うかどうかはどんな方でも気にされます。

同時に自分自身でのお手入れができないと自宅での再現などがしにくくなるためにスタイリングのしやすさが次点。

肝心のどんなタイミングで髪型を変えるのか?

さて本題です。

一体どんな時に髪型を変えたくなるのか?

これも僕個人の経験で言えば、気分転換が多い気がしますが、その気分転換の理由を聞いていくと何かしらのイベントがあったり、節目にとなることが何かある時に大幅なイメチェンを希望される方が多いですね。

さて見てみましょう。

Q.今までに、あなたが髪型を変えたきっかけとして、当てはまるものを全てお知らせください。(複数選択可)

Ex2605 i

■『失恋して髪を切る』の経験者は、僅か2.3%。 N=400
実際は、「気分転換・イメチェン」や「現状のヘアスタイルに飽きた」が6割前後と、圧倒的に高く、恋愛がヘアスタイルを変えるきっかけになる人は極めて少ないことが分かった。
出典: ヘアスタイルと異性に関するアンケート調査|ネットリサーチ会社のマーシュ

あ、圧倒的に「気分転換」・・・。

2位の「飽きた」っていうのも言葉は違うけど言わんとしていることは同じですよね。

3位の「スタイリングがしにくい」とか「季節に合わせて」の3倍近いです。

となるとやはり女性にとって「気分」っていうのはかなり大事ってことですよね。

ただ、冒頭に出てきた変える頻度は2年以上の人が多いわけで、決してそんなに頻繁に変えたくなるわけでもなさそうですね。

逆に言えば2年のうちに何かしらのイベントや出来事があることの方が普通な気もするので、自分自身の中でなにか大きく気分を変えたりしたい時にはヘアスタイルのチェンジが効果的なのかもしれませんね。

個人的には、春か秋に髪型を変えると上手くいきやすいのでおすすめです!

参考にしてみてください!

お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

 
世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事